IQ130の凸凹君&癌サバイバー母の成長記録

「子供が発達障害みたいだけど、この先どうなっていくの?」「接し方がよくわからなくて…」という方へ。実は意外と身近にいる発達障害の子について。

育児記録①~生後4か月~とにかく夕方泣く((+_+))

 

 

過去にさかのぼって、しゅうの育児記録を、書いていきたいと思います。

 

どんな幼少期だったかを書くことで、発達障害の子がどんなことに困っているか、どんなふうに成長していくのか、知ってい頂けると有難いです。

診断や療育の様子も書いていきますね。

 

しゅうの場合…にはなりますが、問題行動への対処法も、ご紹介する予定です。

 

 

それでは、始まり始まり〜

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

大変さ、てんこ盛りのしゅうの子育て…

 

 

 

最初に大変だなぁと感じたのは、生後4ヶ月頃だった。

夕方になると、とにかくギャーギャー泣きだした。

 

尋常ではない声のボリューム。

一度泣き始めると、寝るまで。

3時間くらい立ったまま抱いていなければ、泣き止んで寝てくれなかった。 

 

 


お腹も空いてないし、理由がわからない

何をしても泣く。泣く。泣く。


でも、調べてみたら、「黄昏泣き」なるものがあるらしい。


縦向きに抱っこすると、泣き方が少しマシになるから、

縦抱っこで、寝るまでずっと抱っこするしかなかった。

 

 

 

 しゅうは、とっても大きくて立派な赤ちゃんだったから、

体重もすごく重かった。


手はすぐに腱鞘炎に。

腰痛も限界になってきた。

 

その頃は夫も激務、両親も離れていて、預けられないから、

私は身体が痛くても、病院へも行けなかった。
 

 


でも、一番辛かったのは、


「今日は一体いつになったら泣き止んでくれるんだろう…」


という、得体の知れない不安感だった。

 

赤ちゃんは泣くのが仕事とはいえ…

こんなに泣くもの??

こんなに火が付いたように、ずっと泣き続けるのが普通??

 

初めて子供を育てる私が、しゅうが赤ちゃんの間、ずっと感じ続けた疑問…

 

育児記録②へ続きます

f:id:diversity1234567:20200910102823j:image