IQ130の凸凹君&癌サバイバー母の成長記録

「子供が発達障害みたいだけど、この先どうなっていくの?」「接し方がよくわからなくて…」という方へ。実は意外と身近にいる発達障害の子について。

育児記録③~1歳~これは普通じゃない(前編)

 

 

過去にさかのぼって、しゅうの育児記録を、書いています(現在の姿ではありません)。

 

発達障害の子がどんなふうに成長していくのか何に困っているのか、知って頂けると有難いです。

過去の診断療育について、問題行動への対処法も、ご紹介していく予定です。 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 
 

一歳半の健診。

 

しゅうは、まだ言葉が一つも出ていなかった。

 

 

 

遅い子もいる。

それだけで、何かあるとは言い切れない。

 

でも何だか、ずっと違和感を感じ続けていた。

 

 

 

 

たくさん話しかけても、

こっちを見返したり、喃語でお返事をしたり、

というリアクションがない。

 

 

 

一歳半健診では、保健師の指示を聞いて積み木をするけど、

しゅうは全然やらなかった。

 

…と言うか、積み木にも、保健師の指示にも全然興味がなさそう、と言った方が正確かもしれない。

 

 

保健師には、健診のときにも相談したけど。

「様子を見ましょう。」

という、返事だった。

 

 

 

 

この頃から、気になりだしたのは、お友達に関心がないこと。

 

電車のおもちゃには真っ先に飛んで行くけど。


他の子が近くに寄ってきても、全然関心がない。

ずっと電車で遊んでいた。

 

 

 

お友達の家に行くと、他の子は遊んでいてもしばらくすると「ママ、ママ 」と、寄ってくる。

 

しゅうは、飽きることなく、ずっとずっと、一人でおもちゃで遊んでいた。

 

 

〜後編に続きます〜

 

www.diversity1234567.work

 

 

f:id:diversity1234567:20200910104826j:image