IQ130の凸凹君&癌サバイバー母の成長記録

発達障害を持つ息子のしゅう。IQは140近くあっても、小さな頃から大変な事はてんこもり…。発達障害を皆さんに知って頂きたい癌サバイバーの母、さとの記録。

ママ友との付き合い①マウント?孤立?幼稚園編

 

たまたま家から近くて通った幼稚園が

周囲の人から「セレブ幼稚園」と言われるところだった。

 

お受験をして入るような幼稚園ではないのだけど。

保護者は、政治家、医師、プロスポーツ選手、アナウンサー、事業を手広くやっている方など、色々な方がいて。

親の身なりも結構ゴージャス。

 

 

だけど私は、意外とマウントをとられる…みたいな経験があまりない。

 

私は美人でもないし、おしゃれでもない。

そして何しろ、子供は発達障害があるから、あまりお友達と仲良くできない。

 

…まぁ、マウントを取りたい人は、あまり寄ってこないよね。

マウントとっても仕方ない感じがする。

それから、マウントをとられたとしても、私自身そういうのに鈍感なのかも。

 

基本、ママ友って自分の友達ではないので。

ママ友がきっかけで、自分の友達になっちゃって、子供関係なく会う人はいるけど。

(それはもう、ママ友ではないのかな。)

自分の友達ではないママ友、つまり自分のことを大して知らない人に、

自分のことをどう思われても別にいい…っていうのが根本にある。

 

自分のこと、大して知らない人がどう思おうと、よく知らないで言ってる適当な思い込みなんだし。

所詮マウントなんて、する方の思い込みだと思うし。

 

 

ただ、発達障害のあるしゅうと、健常児のもものときでは、

知り合うママの数が違うな、というのは感じていた。

子供のお友達関係が広く、友好的だと、ママ友と知り合う数も増えるし、こちらを好意的に見てくれるママ友が増える

というのは、まぁあるかな、と思う。

 

 

目立ったり、お友達に特に迷惑をかけるタイプの子でなくても、

(しゅうは、目立って、かつ、お友達に迷惑をかけていましたが(^-^;)

発達障害があって、子供があまりお友達と遊ばないと、

子供同士が仲良くて…ていう知り合い方がない分、ママは孤立しやすいのかも。

あと、子供が独特過ぎて、好みとかエピソードなんかの話が合いにくい、っていうのもあるのかな。

 

 

しゅうを通園させている頃、そんな理由で、話せるママ友はそんなに多くなくて。

行事でママたちがワイワイしている様子や、送り迎えの井戸端会議を遠めに見る毎日だった。

それはそれで、ママ友は自分の友達じゃないから。

と思ってたから、特に辛くもなかったけど。

 

 

ところが、そんな私がある事をきっかけに、急にその輪の真っただ中に、入ることになっていくのです…。

 

~②へ続きます~

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

f:id:diversity1234567:20201028144134j:image

 

おすすめ記事も是非!

発達障害のある子供がとった、変わった行動。

じつはこんな理由があるんです…というお話。

↓↓↓↓

周りの人にはわかりにくい、発達障害のある子の感覚①~予期せぬ出来事に対する不安~ - IQ130の凸凹君&癌サバイバー母の成長記録